2019.03.15 Friday

鮭のきのこクリームソースかけ

友の会の年度末最後の集まりは
いつも、皆でお料理を作って
歓談の時を持ちます。
今年のメニューは
・鮭のきのこクリームソースかけ
・ほうれん草のソテー カタルーニャ風
・ミネストローネ
・デザート

 

私たちのグループの担当は
鮭のきのこクリームソースかけ
「婦人之友」2月号に掲載のもの
数種のたっぷりのきのこをバターでソテーし
生クリームを加えて、しんなりするまで煮て
塩、胡椒で味を整えます。
別にソテーした生鮭の上にこのソースをかけ
こんがりと焼いた食パンの上にのせて、出来上がり◎
パンにソースの味が浸みて、おいしく
ちょっとお洒落なブランチにもなります。
作り方も案外簡単
別のグループが作ったお料理も
どれもおいしく
皆で楽しい一時を過ごせました♪
今年度の活動は今日で終わり
また4月から、新たなスタートです。

2019.03.10 Sunday

目の前の一人一人を大切に

卒業シーズンになりました。
そして、ピアノ教室も、進学進級を節目に
区切りを考える生徒さんもいる時季です。
音楽を専門にと考える訳ではない限り
長い短いの違いはあっても
どの生徒さんも、いつかは区切りの時を迎えます。
私は、それを
「辞めてしまうのね」ではなく
「卒業」と捉えたいと思います。
今まで練習をがんばってきたこと
それまでに身についた技術や音楽性
それらは、決して無駄にはなっていないはずです。
そして、一時はピアノから離れたとしても
また音楽をしたい、と思った時
学んだことは必ず生きることでしょう。
だからこそ
今、教室に通ってくれている一人一人の生徒さんを大切に
一回一回のレッスンを真剣に、と思います。
そして、卒業を迎えた生徒さんたちを
笑顔で送り出してあげられるよう、
よい関係を築いていきたいです。
 

2019.03.04 Monday

アマリリス第2弾

アマリリスの2鉢目が咲きました!◎

2019.03.03 Sunday

面談を終えて

2月の一ヶ月間、順番に行わせていただいた
保護者の方との面談が終わりました。
日頃、レッスンにおいては、生徒さんを真ん中に
指導者である私と、保護者の方との相互理解が大切、と考えています。
私からは、レッスンでの様子
(よく力がついている点、もう少しの所など)をお伝えし
お母様からは
家での様子や、練習についてなどをお聞きしました。
お母様も同じだと思いますが、私にとっても
そうだったのか、と知らなかったことや
もっとこうした方がよい、と気づいたことも、いくつかありました。
この面談でのお話を参考に
来年度からのレッスンも
スムーズに行っていけるよう、と思います。
 

2019.03.01 Friday

次回発表会

次回の発表会は
当初、今年7月を予定していたのですが
会場が取れず(年々7月は厳しくなってきました△)
今日、再度、会場取りにトライし
9月8日(日)に決定しました◎
生徒さん方には、後日、きちんとお知らせ致します。
今後、それぞれの曲決めや、連弾の組み合わせ
練習の段取りなどを考えていきたいと思います。
 

2019.02.27 Wednesday

2月27日 アマリリスが咲きました!

我が家には、4鉢のアマリリスがあります。
5年前に購入した鉢を
翌年球根が大きくなったので2つに分割しました。
その他に、3年前に購入したものが2つ。
今年も、それぞれが花芽をつけ
一鉢の花が、昨日開きました◎


アマリリスの花は大きく重量があるので
気を付けないと、付け根から折れてしまうことがあります。
(私も、過去に何回かしくじりました△)
それで、昨年からは周りにサークルをつけて保護しています。
それにしても、最初に球根を購入した時は
こんなに何年も咲いてくれるとは思っていませんでした。

 

 


管理は意外に簡単
春、花が終わったら戸外に出し
(できたら、球根を植え替えた方がよい)
適度に水やりをして葉をしっかりと茂らせ、球根を太らせます。
その後、11月は一月間、水やりを控えます。
そうすると葉は自然に枯れてくるので
それから室内に入れ、時々水やりをしておくと、一ヶ月程で、新しい葉が出てきます。
最初に買う時の値段はちょっとお高めですが
うまくすれば、その後何年も咲いてくれるので
お得だと思いますよ♪

2019.02.22 Friday

読譜について

今回は、読譜についてです。
導入期のドレミファソくらいまでの範囲の音符は理解できても
だんだん音域がひろがってくると
読むことが苦手になってくるお子さんが出てきます。
音符がなかなか読めないと、新しい曲の理解に時間がかかり
練習の意欲も低下しがちになります。
ですので、できるだけ、読むことが苦手なお子さんを作らないように、と心がけています。


読む力は、量をこなすことで、ある程度、自然についてきますが
個人差もあるので
そのことに特化したトレーニングも必要になってきます。
音符は、見たら、できるだけ瞬時にわかることがベストです。
いつもドから数えなければわからないのでは大変です。
そのための一つの方法は
まず線にある音符を覚えてしまうことです。
ヘ音記号は、下からソシレファラ
ト音記号は、下からミソシレファ
私は、これに歌をつけて覚えさせています。
線の音符を覚えてしまえば
間の音符は、その上下で考えれば容易です。
このことと併用して
音符カードやワークを使っての練習も行います。
いろいろなやり方を使って、今季よく練習を続けることが大切です。

2019.02.17 Sunday

家での練習について

レッスンをスムーズに行うためには
・家での練習
・読譜を苦手にしないこと
の二つが大きなポイントです。
家での練習なしでは、曲はなかなか弾けるようにはなりません。
また、音符が読めないと、特に新しい曲の練習のハードルがとても高くなってしまいます。
今回は、家での練習についてです。

 

●習慣が大切
まずは、他の生活習慣と同じように、練習の習慣をつけることが第一歩です。
なかなかピアノに向かおうとしないお子さんには
一日の中で練習の時間を決め
5分でもよいので、ピアノの前に座る習慣をつけましょう。
小さいお子さんの場合には、習慣がつくまでは
お母様が練習につき合ってあげたり、声かけをしてあげることが必要でしょう。
やがて、一人でも自発的に練習できるようにしたいです。

 

●練習の順番
教材が増えてくると、
練習のバランスが、やりたい曲だけに偏ってしまうこともありがちです。
まず、バーナムやハノンなどの手指のためのトレーニングを先にしましょう。
それから曲の練習をして
最後に、レパートリーなど自信を持って弾ける曲を弾いて終わる
というのが、よい順番です

 

●部分練習が大切
初歩の頃は
一つの曲を○ずつ弾く、などの練習で大丈夫ですが
だんだん進んでくると
それでは、いつも引っかかりやすい箇所は上手になりにくいです。
そのためには、部分練習が効果的です。
気になる箇所だけを数回繰り返して練習する
一段ずつ丁寧に練習する、etc.
いつも最初から通して弾くだけよりは
こちらの方が上手になる早道です。

 

まだいろいろありますが、長くなりそうなので
今回は、ここまでにします。
以上のことを、今行っている保護者の方との面談でも
それぞれの生徒さんの状態に応じて、話をさせていただいています。

2019.02.16 Saturday

梅祭り

今日は、ここ数日に比べ、少し暖かく感じられた一日でした。
都立小金井公演で梅祭りが行われていることを知り、出かけてみました。
園内の一角に、26種約100本の梅
野立てやお琴の演奏
ちょっとしたワークショップや屋台も出ていて
地味ににぎわっていました。

 

地元の樹木の会のボランティアガイドさんに案内していただきながら、

ゆっくり散策。

 

 

梅の咲く時期は、早咲きから遅咲きまで様々
知識がないと、ただなんとなく同じように見えてしまう梅も
細かな違いがいろいろあり、勉強になりました。
紅千鳥は、紅梅の代表格で、鮮やかな紅色が美しい
曙は、花びらの奥の方がほんのり赤い大輪
白梅の代表格の白加賀は、実が楽しめる梅
枝が青く、少し緑がかった花が印象的な月影
梅は、桜のような華やかさはないけれど
趣のある美しさがあります。
それぞれに付けられている風流な名前も素敵
今度は、越生の梅林にも行ってみたいです♪

2019.02.11 Monday

旅立ちの日に

中学生のKさん
合唱曲「旅立ちの日に」のピアノ伴奏を練習中。
「旅立ちの日に」というと
「白い光の中に山並みはもえて〜」の方が思い浮かびますが
Kさんが弾くのは、そちらではなく
川嶋あいさんの曲。
こちらもJポップの卒業ソングの中では、定番の人気曲。
学校で歌われることも多いようですね。
メロディーはもちろんですが
魅力の要因は、歌詞にあるのかな、と思います。
出会いの頃のはずむ心、放課後に仲間と過ごした日々
けんかをしたこと、恋をした時、など
多くの学生たちにあてはまるシチュエイションが
たくさんちりばめられています。
そしてサビでは、「今日は卒業の日」という言葉が登場。
いろいろな思い出を振り返りながら
今日は卒業式という、現在進行形へと移り変わっていきます。
それは、今まさに卒業を迎えている日とたちの心情に
ぴったり、なのでしょう。
毎年、卒業ソングを耳にする季節になると
ああ、今年度も終わりに近づいているんだな、と実感します。

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM