2018.06.19 Tuesday

酢の話

今日は、7時からの生徒さんがお休みだったので
久しぶりに、「この差って何ですか?」を見ました。
今日は、酢の話。
見た方も多いかと思いますが、ちょっと紹介します。

 

市販には、材料によって、たくさんの種類の酢がありますが
健康効果は、どれでも変わらないそうです。
悪玉コレステロールや血圧を下げる効果には
ピーナツと一緒に食べるとよいそうです。
ピーナツを茶色い薄皮ごと酢につけておき
(はちみつを加えてもよい)
毎日、20粒位食べるとよいとか。

 

牛乳に加えると
カルシウムの吸収率が高まる効果も。
カップ一杯の牛乳に
酢とはちみつを大匙1ずつ加えて、よくかき混ぜます。
意外に飲みやすい、という声。

 

年齢的にも、コレステロールとカルシウムは
気になるポイント。
試してみようかな。

2018.06.15 Friday

呼吸が大切

音楽の基本は歌です。
初歩のレッスンでは、季節に合った歌を歌ったり
メロディーをドレミで歌ったり、ということを多く取り入れています。
それは、一つには音感を養う目的がありますが
フレーズ感を身に着ける、ということも大きいです。
メロディーは、どこで区切ったら自然に聴こえるか
もちろん、楽譜でわかることは大切ですが
感覚としても身に着けてほしい、と思います。
音もリズムも間違っていない、指もよく動いているのに
どこか機械的な感じで、聴きづらい演奏があります。
それは、フレーズを感じて弾いていない
という原因が多くあります。
そして、フレーズは呼吸が大切です。
メロディーは、歌うように呼吸しながら弾く
それを、初歩の頃から伝えていきたいです。
 

2018.06.12 Tuesday

見ました

今話題の映画「万引き家族」を見ましたよ。
子供を含め、血のつながりのない登場人物たちが共に暮らし
生活のため、万引きという犯罪を重ねながら
家族という絆を紡いでいく。
それは、社会ルールの中で普通の家族を形成して暮らしている者たちにとって
一見、無縁の話のように思えますが
その中には、誰にでも共通する
人と人とのつながりの危うさや悲しみ、喜びがあり
家族って何?
人が共に生きていくってどういうこと?
など、考えさせられました。
演出や音楽が過度でないのも
かえって、よいなと感じました。
あと2本、見たい日本映画があります。
どうスケジュールを立てようか・・・

2018.06.09 Saturday

ノート・イネガル

ピアノ奏法の勉強をしている中で
先日、なるほど、と思うことがありました。
「ノート・イネガル」
日本語に訳すと、「不平等な音たち」という意味だそうです。
例えば、モーツァルトのピアノ曲には
16分音符の速いパッセージがよく出てきます。
これは、音の粒が均等に揃っていることがよし、とされることが多いですが
ノート・イネガルは、フレーズによって生じる一つ一つの音のニュアンスを優先します。
勘違いしてはいけないのは
妙にルバートしたり、テンポを崩したりすることではないこと。
バロックや古典派の演奏では、音の粒を揃えることに重点がいってしまい
ややもすると、機械的な演奏に陥りがちですが
音楽の原点は、人間の生き生きとした感情表現であることを
忘れてはいけないことを、改めて思いました。
 

2018.06.07 Thursday

大豆料理

先日、蒸し大豆のことを書きましたが
今、友の会では、大豆料理について勉強しています。
暑くなってくると、私が時々作る副菜に
「大豆のおろし和え」があります。
茹で大豆(または蒸し大豆)、トマト、きゅうりを合わせて100〜150g
大根おろし 200g
調味料 酢 大匙2、砂糖 小匙2、塩 小匙4/5
トマトとキュウり(小さめの角切り)、大豆を調味料で和えます。
大根おろしをかけて、でき上がり◎
メインにコクがある時など
さっぱりしていいですよ。

 

次回の集まりでは
ポークビーンズと大豆のポタージュを実習予定です。

2018.06.03 Sunday

小さな作曲

私が考えたモチーフを使って
8小節のメロディーを作ってみる課題。
7人の生徒さんに行ってみました。
まずは、ハ長調、4分の4拍子の、はずんだ感じのモチーフ。
それぞれ、いい感じの楽しいメロディーを作ってきましたよ♪
題名は
「小鳥のダンス」、「小鳥のさえずり」、「楽しいマーチ」、「スキップでおさんぽ」、etc.
まだ題名を考え中の生徒さんもいます。

 

メロディーを作るだけでなく
それを自分で楽譜にしてみることで、記譜の練習にもなり
また、左手を付けることで
伴奏付けの練習もできます。

 

あと何曲か
調や拍子の異なるモチーフを使って
続けていく予定です。
 

2018.05.31 Thursday

ベランダのお花

連休中に植えたサフィニアとミリオンベルが
よく咲いています♪

残念なのは、ハイビスカスの一つの鉢に
アブラムシが付いてしまったこと。
急いで殺虫剤を噴霧して、様子を見ています。
蕾もいくつか着いているので、ちょっと心配△
梅雨もまじかとなり、
この時季は、バラも要注意です。

2018.05.26 Saturday

蒸し大豆

大豆は、良質なたんぱく質、繊維、カルシウムなどを多く含み
健康によい食品とされていますね。
私は、茹で大豆を作って冷凍保存し
料理やスープなどに適宜に使っています。
最近、蒸し大豆が
茹で大豆より栄養価が逃げないと聞き
早速作ってみました。
乾燥大豆を一晩水に浸けて戻し
(これは茹で大豆と同じ)
蒸し器を使って、中火で30分ほど
好みの固さに蒸します。
茹で大豆に比べ、味も少し濃く
水分が少ないので、冷凍してもくっつきにくいです。
これからは、蒸し大豆に替えてみようかなと思います。
 

2018.05.25 Friday

片足立ち

日頃、運動不足解消のため
できるだけ、週3回くらい
ルームウォーカーと、ダンベル、ラジオ体操などを心がけています。
骨や筋肉に、片足立ちが効果があると聞きました。
そこで、私が考えたこと。
大きい生徒さんのレッスンでは
後ろの椅子に座って聴いていることが多いですが
立って、片足立ちで聴いたらどうか^^
もちろん、生徒さんからは見えないので
レッスンに支障はありません。
疲れたら座ればよいし。
ちょっとやってみようと思います^^
 

2018.05.22 Tuesday

聴くことの大切さ

音楽で最も大切なのは、やはり耳でしょう。
ピアノをする上で、自分がどんな音を出しているのかを
よく聴くことはとても大切です。
そして、自分の音の出し方がよいかどうかの判断は
他のいろいろな演奏を聴くことで培われます。
最近は、子供でも聴くことのできる音楽会も増えていますので
機会があったら出かけてみることをお勧めします。
やはり、生の音を聴くことが一番よいですが
それが大変な時は
家で、CDや、テレビ、ラジオなどで
音楽に触れる機会を増やすことでもよいでしょう。
家庭の中に音楽を楽しむ環境があること。
その中から、音楽に対する興味が生まれ
「この曲、いいな」とか「こんな風に演奏したい」という耳が育ってきます。
レッスンでも
こういう風に弾きたい、というイメージを持っている生徒さんは
出す音も違ってきます。
そのためには
生徒さんにとって一番身近な存在である先生(私)も
レッスンの中で、どんなに小さな曲でも
丁寧によい音で弾いてあげることが大事、と思っています。

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM