2018.02.17 Saturday

NAOTOコンサート

オリンピックの男子フィギュアで話題持ちきりのこの日
羽生選手の演技がとっても気になりながらも
以前から予定していた、バイオリニストNAOTOさんのコンサートを聴きに
午後から芸術劇場へ。

 

NAOTOさんは芸大出身で
現在は、主にポップス系で活躍。
オリジナル曲や、ご自身が手がけたテレビ番組のテーマ曲など
すてきな音色を聴かせてくれました。
クラッシックでは、クライスラーを2曲。
「前奏曲」は初めて聴きましたが、とてもいい曲でした。
ピアニストは、今メディアでも活躍の清塚信也さん。
想像以上の面白い方で
NAOTOさんとの絡みは、漫才そのもの。
パフォーマンスたっぷりでしたが
ひとたびピアノに向かうと
確かなテクニックと、聴かせ所を心得たみごとな演奏。
ご自身作曲の「こうのどり」のテーマ曲などの他
羽生選手にちなんで、ショパンのバラード1番も披露してくれました。
アンコールは、チャルダッシュ。
これまたパフォーマンスたっぷりで
独自のアレンジもちりばめられた華やかな演奏で
見事でした◎

 

気になっていたフィギュアの結果は、休憩中に知り
「やったー!!」でした^^
家に着いてから、夜の番組でたっぷり堪能しました♪♪♪
 

2018.02.15 Thursday

ソルフェージュ

発表会前は曲を仕上げることに重きがいっていたので
これからは、またソルフェージュもしっかりやっていきたいと思います。
ソルフェージュとは、音楽をする上での基礎力です。
歌うこと、リズム、読譜、聴く力、書く、etc.
もっと幅広くとらえれば
曲の構成を考えたり分析することなども含まれます。
初歩の頃は
ドレミで短いメロディーを歌うことで音程感を養い
簡単なメロディーや和音の聴き取り、リズムや音符読みのトレーニングを行います。
だんだん進んでくると
メロディー視唱、和音や伴奏付け、音符やメロディーを書くことも行います。
さらに
メロディー変奏といって、決まったメロディーを基に
自分で、音やリズムを変えてみたり
簡単なメロディーを自分で作ってみることへとつなげていきます。
ソルフェージュの力は急につけられるものではありませんので
初歩の頃からの積み重ねと
系統立った導きが必要になります。
そして、、ソルフェージュの訓練は、
それ自体が目的となるものではありませんが
ピアノの学びをスムーズにし
音楽を、よく理解し楽しむために欠かせないものですので
レッスンの中できちんと取り入れていきたいと考えています。

2018.02.13 Tuesday

オリンピック

日本のメダルが出ました!☆
特に高梨選手。
4年前のことを思うと、本当によかった、よかった!
選手は皆、背景にそれぞれのドラマがあり
感動と共に、本当にお疲れ様でした。
印象に残ったのは、ジャンプの伊藤選手。
実力は十分だったのに
本番では、2回共、不運の風に阻まれ力を出しきれず。
相当に悔しい思いの筈だったことでしょうが
高梨選手がメダルを決めたジャンプの直後、真っ先にかけ寄り
ハグして喜びを分かち合っていた姿。
スポーツマン、そして人としての大きさを感じ
すばらしいなと思いました。

2018.02.10 Saturday

春のきざし

まだまだ寒い日が続いていますが
そんな中でも、立春を過ぎ
季節は確実に春に向かっています。
家のアマリリスの鉢は、4、5年前に購入し
その後、植え替えたりして、毎年咲いてくれています。
昨年は、大きくなった球根を株分けしました。
その後、新たに買った鉢も含めて
現在4鉢になっていますが
今年も順調に、どれもが花茎を伸ばしています。
開花までもう少しかなと
今からとても楽しみです♪


 

2018.02.05 Monday

電子ピアノ

教室の生徒さんは
家の楽器は電子ピアノの人も多いです。
電子ピアノの質は、ほぼ価格と比例していますが
いろいろな機能がプラスされていることによっても高くなりますので
まずは、鍵盤のタッチ感がしっかりとしていて、響きがよいものを選んでいただきたいと思います。
また、電子ピアノは、調律などのメンテナンスがいらないからラク
とお考えの方もいらっしゃるようですが
家電と同じように消耗品ですので
長く使っていると、鍵盤の動きがガタガタしてきたり
きちんと鳴らない音が出てきたりなどの故障も生じることがあるので
気を付けていただきたいと思います。
また、常にボリュームを絞った状態で弾いていると
タッチと音量との正しい関係が掴めなくなってしまいますので
ボリュームは、真ん中かやや大きめ位の設定がよいです。
(あまり大きすぎるのもよくありません)
練習する楽器の良し悪しは
技術の上達や音楽性にも大きく影響しますので
ご家庭のピアノの状態を定期的にチェックしていただくことをお勧めします。
 

2018.02.03 Saturday

My Birthday

節分&My Birthdayであります◎
数か月前、あるパーティーで当たった食事券で
ステーキを食べに行きました。
久しぶりのサーロインステーキ、おいしかった!^^
家族から、お花をいただきました♪
ラナンキュラスとヒヤシンス
今リビングにあるシクラメンとベコニアの花が
少しくたびれかけてきたので
新しい鉢で、部屋がまた明るくなりました◎

2018.02.02 Friday

保護者様との面談

今年も、年に1回の保護者様との面談を
2月に行わせていただきます。
レッスンの中心にいるのは生徒さん
その側に、指導者としての私
そして、ご家庭でお子さんを見守る保護者様
この三者がよい関係にあることで、レッスンをスムーズに行うことができます。
そのためには、生徒さんだけでなく
保護者様とのコミュニケーションも大切、と考えています。
時間は、レッスン内の15分程度ですが
私からは、レッスンでの様子や
現時点での留意点や今後に向けての話
保護者様からは、家での様子や練習について
また、相談事項などあれば伺います。
また、この時期に
来年度のレッスン曜日や時間の調整も行います。
よろしくお願い致します。
 

2018.01.29 Monday

弾いてみたい曲

発表会が終わり
「ぴあのどりーむ6」以降のステップの生徒さんには
テキスト以外で自分のやりたい曲を弾いてもいいよ、ということにしています。
たとえば、アニメやドラマの曲、Jポップ、学校でやった曲、etc.
今のところ生徒さんたちから出てきた曲は
星野源の「恋」
星野源の「ファミリーソング」
ポケモンの「XY&Z」
魔女の宅急便から「やさしさに包まれたなら」
グリーンの「愛唄」
「ありがとうの花」
などです。
まだ考え中の生徒さんたちもいます。
どんな曲が出てくるか、楽しみ^^
また、目下、学校の伴奏をがんばっている生徒さんも。
上達のためには、テキストの曲をきちんと練習していくことは大切ですが
時々、こんな楽しみもあっていいかな♪と思っています。
 

2018.01.25 Thursday

できるだけ具体的な言葉で

音楽は、言葉では表せない気持ちや思いを表現するもの。
でも、レッスンで子供たちに伝えるためには、
たくさんの言葉が必要となります。
その言葉は、できるだけ具体的にわかりやすく
ということを心がけています。
たとえば、フレーズを理解させるためには
ただ、「スラーの終わりは指を離すんだよ」ではなく
「文章に点やマルがあるのと同じなんだよ」とか
「歌う時、息継ぎをするように弾いてごらん」など。
また、強弱も、fと書いてあるから強く、pと書いてあるから弱くではなく
同じ強くでも、激しい気持ちなのか、明るく元気なのか。
弱くも、悲しいのか、やさしい気持ちなのか、など
子供たち自身にも考えさせることが大事です。
テクニック面でも、例えばスタッカートは
「腕や手首を使ってボールをはずませるように」とか
「指先で、おはじきをはじくように」など。
具体的な言葉でイメージを作ることで
音の表現も豊になってきます。
そのためには、指導者自身も
自分の中に、たくさんのイメージと言葉を持っていることが大事と
いつも心がけています。
 

2018.01.21 Sunday

基本は同じ

子供の時ピアノを習った人たちは
その後、趣味として続ける人たちが大半で
音楽の専門に進むケースは数パーセントです。
では、趣味で習うのと専門とでは何が違うのか?
学ぶべき基本は同じだと思います。
野球やテニスなどスポーツも
たとえ趣味で行うにしても
フォームや体の動き、球の打ち方など
基本はきちんと身につけたいのと同じです。
ピアノを弾くために必要な手や指、腕の正しい使い方
音感、リズム感、読譜力など・・・
きちんと身につけることで、その後の楽しみ方も違ってきます。
保護者の方の中には
「うちは専門には行きませんので、そのような指導でお願いします。」
とおっしゃる方がいらっしゃいますが
以上の理由で、どんな生徒さんにも基本はきちんと
というのが私の考えです。
もちろん、その先専門を志す場合には
そのために必要な教材やしておかなければならないこと、心構えなどがあります。
でも、そうではなく趣味として続ける多くの生徒さんに対しても
気をぬかずに
楽しさの中にもきちんとした指導を
それが私の方針です。
 

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM