<< タッチについて | main | 作曲第3弾 >>
2018.09.03 Monday

コーチングを活かしたレッスン

コーチングを活かしたピアノレッスンを行っている
重野美樹先生の話を聞きました。

 

このコーチングでは、人のタイプを
コントローラー(社長型)、プロモーター(発明型)、サポーター(協調型)、アナライザー(分析型)
の4つに大きく分けます。

これとは別に
人それぞれに、そもそも備わっている優位な感覚を
視覚、聴覚、行動、言語に分けます。

 

これらは、きっちり分類できるわけではなく
一人の人の中にいろいろな要素がグラデーションになっていて
同じ人出も場面によって変わることもあるので
あくまで、どの傾向が強いかということであり
大事なことは、この人は、このタイプと決めつけてしまわないことだそうです。

 

それを踏まえた上で
レッスンでの対応、楽譜の捉え方、練習方法などにおいて
その生徒さんに合った仕方をえらぶことで
効果が違ってきます。

コーチングとは、ティーチングと違い
まず、相手の目標やどうしたいのかを引き出し
それを認めて導くこと
たとえ自分の考えと違っていたとしても、まず認める
この部分が、最も大切かつ難しいことだそうです。

 

コーチングは、ピアノレッスンのみならず
子育て全般に共通することだな、と
興味深く聞きました。
 

コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM