<< みんな、よく考えたね | main | 声楽の発表会 >>
2018.09.29 Saturday

「練習しなさい」と言わないために

ピアノは、家での練習が大切
そのことは折りに触れて、お話しています。
練習がきちんと習慣になっている生徒さんは
レッスンもスムーズにいきますし、進歩も速いです。
それでも、やはり
なかなか練習が定着しない生徒さんがいることは
否めません。
そんな生徒さんに
「練習は、ちゃんとしないとね。」
と言うことは簡単ですが
それを言い続けても
なかなか変わらないことも多いです。
練習が必要なことは、生徒さん自身が
頭では、十分分かっているのです。
それでも、なかなかできない。
それには、いろいろな原因があると思います。

 

●生活リズムを見直してみましょう
そもそも、練習時間が取れるリズムになっているかは大事です。
最近のお子さんは、他の習い事も多いですし
その他に、学校や塾の宿題。友達と遊ぶことも大事。
そんな中で、どの時間に練習をしたらよいか?
それは、各家庭、お子さんの状況によって違いますので
そのリズムを見直して、練習する時間を整えてあげることは
ご家庭での、まず大事なポイントです。

 

●魅力のあるレッスンを
指導者としては、
「練習しなさい」と言わなくても
子供が自分から「やろう!」と思えるような
レッスンを心がけなくてはなりません。
できていないことばかりを指摘するのではなく、

できるようになっていること、上手になっている部分を認め
「あと、ここをもう少しがんばれば、もっとよくなるよ。」
という部分を的確に伝え
子供自身の意欲を引き出すことが大切です。
これは、言葉で言うのは簡単ですが
生徒さんは、一人一人皆違いがありますし
実際には、なかなか大変なことです。
私自身も、毎日毎日、自分に対して
今日のレッスンは、これでよかったのか?
という問いを繰り返しています。

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM