<< 声楽の発表会 | main | 明治神宮&代々木公園 >>
2018.10.06 Saturday

魔王

昨日の「ラララ・クラッシック」は、シューベルトの歌曲「魔王」
この曲は、私が子供の頃から
中学校の音楽の鑑賞教材になっていました。
ピアノの連打が不安感をかき立てる曲想と
「お父さん、お父さん」と、訴えるように歌うフレーズが印象的で
覚えている人も多い曲です。

 

シューベルトは、早くから音楽の才能を発揮していましたが
厳格な父親が、音楽をすることには大反対で
そのプレッシャーに悩み続けていたそうです。
魔王の存在に怯えながら、そのことを父親に訴えても
理解してもらえない苦しさを書いたゲーテの詩は
シューベルトの内面と重なっていたようです。
私は、この曲に、このような背景があることは知りませんでした。
そのことを知って、改めて聴くと

シューベルトの悲痛な心の叫びが聞こえてくるようです。

 

この曲が中学の教材になっている理由には
思春期に入り、不安定になりがちな心情とマッチする部分がある
と、ゲストの尾木ママが言っていました。
なるほど、そういうこともあるのか、と思いました。
 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM