<< 発表会に向けて | main | 沖縄旅行 >>
2019.03.24 Sunday

考える力を大切に

レッスンで、生徒さんがつまづいた時
あるいは、もっとこう弾いてほしい、という場合
長年培ってきた指導のノウハウを用いて
「これは、こうよ」と教えてしまうことは簡単ですが
その前に、生徒さん自身に考えさせることが大切、と
この頃、特に思っています。
その日、弾いてきた課題を聴いて
最初にダメ出しから入るのは禁物。
まず、よい点をほめます(これは大事)
次に
「ここの音が違っているよ」「ここは、もっとこう弾いてね」
と、私からすぐ言うのではなく
「今の演奏、自分ではどうだった?」
と生徒さんに聞きます。
このワンクッションがあるかないかで
生徒さん自身に
どこをどうしたらよいのか
どこをもっと練習しなくてはならないか
を気づかせるアプローチにつながります。
私も、かつてのレッスンでは
すぐ結論を言ってしまうことが多かったように思います。
その方が確かに早道ではありますが
それだと、いつも生徒さんは受け身の姿勢となり
自分自身で考えなくなってしまいます。
レッスンの大きな目的に
ピアノの技術が上達し、上手に弾けるようになること
がありますが
その先にある、もっと大きな目的のためには
少し時間はかかっても
自分自身で気づき考える力を養うことが大切、と思います。

コメント
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM