<< GW | main | 導入期のレッスン >>
2019.05.09 Thursday

がん患者に寄り添って

朝、何気なくつけていたラジオの話に
つい引き込まれ、聞き入ってしまいました。
お話しされていたのは
都立駒込病院名誉院長の佐々木先生
長い間、がん患者の治療に関わられてきた方です。
お話が始まってすぐに
温かく深いお人柄が感じられました。
お話の中で印象に残ったのは
最近は、患者本人に余命などを含めた告知が普通になってきているが
十分な心のケアがなされないままの告知に
警鐘を鳴らされていたことでした。
近い将来、死を迎えることがわかったとしても
人は、やはり最後まで
生きたい、という思いを持っているもの。
その気持ちにしっかりと寄り添えてこその告知でなくてはならない
最後、体力を失い、どんなに何もできない状態になったとしても
「生きている」ことに意味を見出せる寄り添い方でありたい
と、おっしゃっていました。
そして、医療はどんどん進歩していて
治るがんもどんどん増えている
ということも。
皆が、自分や家族を含め
がんになるかもしれない時代
いろいろと考えさせられるお話でした。
そして、この先生に見てもらえたら
幸せだろうな、と感じました。
ご本も出されているようなので
読んでみたいです。

コメント
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM