2018.07.11 Wednesday

創作課題

何人かの生徒さんに行っているメロディー作りの課題
今、第2弾を行っています。
今回のモチーフは、ト長調、3/4拍子。
課題のモチーフを考える時、
私の頭の中では、続きはこんな風になるかな
というのが、なんとなくあるのですが
生徒さんたちは、よい意味で、この予想を裏切ってくれます^^
「こういうメロディーもありか、なるほど」
と、生徒さんたちの発想に拍手!◎
題名も
「花のワルツ」、「森の合奏」、「子犬のさんぽ」、「ちょうちょのパーティー」、などなど。
あるお母様から
「子供が、このメロディー作りがとても楽しいようです。」
というメッセージをいただきました。
引き続き、第3弾も行いますよ!♪

2018.07.10 Tuesday

ほおずき市

急に思い立って
浅草寺のほおずき市に行きました。
初めてほおずき市にいったのは、かれこれ25年も前。
その後、何度か浅草には行きましたが
ほおずき市は、その時以来の2回目。
11時頃付き
(既に結構混んでいました)
まずはお詣りをして
ほおずき市限定の、おふだとお守りを買いました。
境内には、たくさんのほおずきのお店が出ていて
どこで買おうか迷いましたが
ちょっと感じのいいお兄さんが呼び声をしていたお店へ♪
一番売れ筋の
籠に入っていて風鈴付きのものを購入◎
お昼は、大黒屋の天丼。
梅園で、あんみつもいただきました^^
レッスンまでには帰らなくてはならないので
仲見世はあまり見ることができず、ちょっと強行軍でしたが
目的は達したので、満足!♪♪

2018.07.06 Friday

ピアノの日

今日は、ピアノの日です。
1823年の今日
シーボルトが初めて日本にピアノを持ってきたことから
そう言われるようになったそうです。
その日本最古のピアノは
現在、山口県の萩の博物館に保管されています。
「ピアノ」という名前は、「フォルテピアノ」が省略されたもので
それまでの鍵盤楽器と異なり
音の強弱が出せる、ということで、そのように名付けられました。
その後、さまざまな改良を重ねながら、現在のピアノとなり
人々に最も愛される楽器となりました。
今日は、ちょっといつもより
ピアノを大切に思う日として過ごしたいですね♪
 

2018.07.05 Thursday

レパートリー

レッスンで今練習中の曲の他に
いつでも弾ける曲をキープしておくことは大事です。
「ぴあのどりーむ」の4〜6の生徒さんには
毎月のレパートリー曲を書き、
その月の終わりにシールを貼る表を作っています。
私自身が子供の頃
その時課題になっている曲の練習にいっぱいで
誰かに、「何か弾いて」と言われても
自信を持って弾ける曲が何も・・・
という苦い経験があったことも動機になっています。
レパートリーは、ただ自分だけで黙々と弾いているのではなく
ぜひ、お家の人やお友達などにも聴いてもらい
人前で弾く経験を積んでほしいと思っています。
そのことが、やる気や自信にもつながります。
ですので、お家の方には(特にお父様も)
時々、お子さんが弾けるようになった曲を
聴いてあげる機会を作っていただきたいと思います。

2018.07.01 Sunday

アニバーサリー

早くも、見たかった映画の3作めを見に◎
「羊と鋼の森」
2016年の本屋大賞となった作品の映画化。
ふとしたことをきっかけにピアノ調律に魅せられた青年が
さまざまな出来事の中での迷いや経験を通して
調律師として成長していく姿を描いた物語。
実は、原作は2/3くらい読んだ所で留まってしまっていました。
映画は、森の情景をベースに
静かな落ち着いた作りで
原作の雰囲気をそこなわないものになっていたと思います。
実際のピアノ曲が聴けたのも、よかった。
「あきらめないことが、最大の才能」
という言葉が心に残りました。

 

この日はアニバーサリーを兼ねて
富士見のフランス料理店「BON VIVaNt」でランチ♪
この日のメニューは
・前菜 帆立貝とまぐろのタルタル仕立て
・オニオングラタンスープ(お店の一番人気)
・白身魚のカダイフ(細いパスタ)巻き
 表面のカリッとした食感と柔らかい身のバランスが絶妙でした。
・デザート(マカロン、ミニケーキ、シャーベットの盛り合わせ)、コーヒー

 


ちょっと小洒落ていて、気取らない、いい感じのお店です。

何より、お料理がgood!
お勧めです◎
 

2018.06.30 Saturday

終わった人

予想外の早い梅雨明け。
夏本番のような暑さが続いています。
昨日は、レッスンがオフだったので、
見たい映画2つめの「終わった人」を見に。
館ひろし演ずる主人公が
定年後の生き方を模索しながら奮闘する様子
そして家族との関わりなどが、コメディータッチも含んで描かれていて
面白く見ました。
これは、定年という、人生の象徴的なターニングポイントを取り上げていますが
誰でも、年齢や健康、家族の状態の変化などで
今していることが続けられなくなる時が来ると思います。
その時、自分の生き方を軌道修正しながら
それでも生き生きと暮らしていくには、どうしたらよいのか?
誰にでも当てはまる問題だと思いました。
 

2018.06.29 Friday

和音の話

音楽の三要素「メロディー・和音・リズム」は
レッスンでも大切に考えて指導しています。
メロディーにおけるフレーズの大切さは、先日に書きましたが
今日は、和音の話。
ピアノは、単音楽器に比べ
和音が学習できる優れた楽器です。
初歩のうちは
まず、主要三和音の練習や聴き取りを中心に行います。
「ぴあのどりーむ」の後半になると
曲の中に借用和音や減七の和音などが出てきます。
この時、和音用語を教えたりするのではなく
「ここ、いつもと違う和音が出てきたね。どんな感じがする?」
と尋ね
まずは響きを意識し、感じてもらうことを大切にします。
「なんか、フワッと嬉しくなる感じ」
「ちょっと不安になる感じ」etc.
その後、ブルグミュラーに入ると
たくさんの素敵な和音や転調なども出てきます。
ここでも、まず大事なのは、響きを感じて演奏できること。
子供の頃に感覚をよく養っておけば
その後、理論で裏付けすることは
そんなに大変ではありません。
音を感じること
それが音楽をする上で、最も大事なことだと思っています。

2018.06.24 Sunday

ハイビスカス

玄関のポーチに置いているハイビスカスの鉢
1ヶ月ほど前、アブラムシが付いて、少し弱ってしまったのですが
その後回復し
むしろ例年よりたくさんの花を咲かせています◎
よかった♪


でも、まだアブラムシが付きやすい状態は続いているようなので
要注意です。
ベランダのミリオンベルとサフィニアは
切り戻しのお手入れをしました。
バラは、第2弾の蕾たちが咲き始めています。
(第1弾より花は小さいけど)
昨年のカラーの球根から葉が伸びてきました。
咲いてくれるといいな♪

2018.06.23 Saturday

コードネームの勉強

今年度から、中学生の生徒さんたちに、コードネームの勉強を取り入れています。
ポピュラー音楽や伴奏付けなどに便利と思い始めましたが
和音の仕組みや進行を理解することは
クラッシック音楽にも共通することなので
ふだんの曲をレッスンする上でも応用できます。
例えば、ソナチネの和音進行などで
「この左手の伴奏は、コードで言うと、C-F-G7-Cになっているね」とか
「メロディーにシの音があるからG7がシを省いた形になっているね」、etc.
まだ主要三和音の練習段階ですが
今後、副三和音も出てくると
さらに幅も広がってくると思います。
まだ始めて2ヶ月ほどですが
コードネームの勉強を取り入れてよかったな、と感じています。
そして、小学生までの段階で
和音付けの練習をしてきたことが
コードネームをスムーズに理解つることにつながっているな、
ということも感じています。

2018.06.19 Tuesday

酢の話

今日は、7時からの生徒さんがお休みだったので
久しぶりに、「この差って何ですか?」を見ました。
今日は、酢の話。
見た方も多いかと思いますが、ちょっと紹介します。

 

市販には、材料によって、たくさんの種類の酢がありますが
健康効果は、どれでも変わらないそうです。
悪玉コレステロールや血圧を下げる効果には
ピーナツと一緒に食べるとよいそうです。
ピーナツを茶色い薄皮ごと酢につけておき
(はちみつを加えてもよい)
毎日、20粒位食べるとよいとか。

 

牛乳に加えると
カルシウムの吸収率が高まる効果も。
カップ一杯の牛乳に
酢とはちみつを大匙1ずつ加えて、よくかき混ぜます。
意外に飲みやすい、という声。

 

年齢的にも、コレステロールとカルシウムは
気になるポイント。
試してみようかな。

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM